バストが小さい人にとっては大きな胸に憧れますが、簡単には大きくできないと思われています。現代では技術の進歩から手術によって簡単に大きくできるようになっていますし、即効性の高い方法もあります。豊胸といってもエクササイズやサプリメントでできる手軽な方法から、本格的にできるものまで様々な種類があります。また効果を持続できる期間の違いもありますので、選択が難しいと言えます。

選択が難しい理由の一つに、豊胸手術は料金が高い点が挙げられます。料金が高いために効果の持続期間が短いとコストパフォーマンスが悪いと感じてしまいます。現状ではバックを挿入する方法や注入法などがありますが、注入法は注射をするだけですから簡単にできる方法となります。注入法にはヒアルロン酸注入や脂肪注入法がありますが、どちらも自然に吸収されてしまう特性があります。

このため人によっては吸収量が多く持続期間が短いといった問題も発生してきます。脂肪注入法は、自分の体から取り除いた脂肪を使用するため、体に対しては優しいのがメリットになります。バック挿入法は大きな胸を簡単に実現できますが、脂肪注入には限界が有るのも事実です。バッグ挿入法は効果の高い方法となりますが、バッグが破れてしまうこともあり行動が制限されてしまうこともあります。

色々な方法の中から選べる豊胸手術ですが、メリットもあればデメリットもありますので、費用と効果の高さから選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です