自分の胸が小さく、その悩みで豊胸手術を考える方もいらっしゃいます。しかし、費用面や手術後の事等、いろいろと不安もあると思います。手術後に人工的なバストの形にならないか、周りに知られるのではないのか、という不安な要素です。もしも豊胸手術でバストアップし、人工的な形だと周りの人が見ても不自然に感じますしバストの感触も豊胸したものだとわかると何だか違和感があります。

もしも豊胸手術をするのなら、いかに自然なバストの形・感触に近づけるような手術をしなければいけません。豊胸手術には「ヒアルロン酸の注入する・シリコンバックを入れる・脂肪を注入する」この3パターンがあります。まず、ヒアルロン酸の注入は最も手軽なバストアップを自然に行えます。注射でバストにヒアルロン酸を注入するのみなのでより早くバストアップできます。

バストアップの持続は1年(ヒアルロン酸は体内吸収する為)、1カップアップします。次にシリコンバックを入れるのは一気に2カップ以上のバストアップができ半永久的にバストの大きさが持続します。バストの形・感触は不自然ですがそれでもいいとおっしゃる方にはうってつけです。最後に脂肪の注入も2カップ以上のバストアップができます。

自分自身のお尻、太ももの脂肪を用いバストアップできますので形も感触も自然なバストができます。現在の技術ではお尻などから脂肪を吸引した後、採取した脂肪から余分な水分、死活細胞を取り除き精製した脂肪注入ができますので以前に比べて脂肪の体内への定着率はアップしています。脂肪吸引の豊胸のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です